多くのサイトがありますが、ダイヤモンド買取ならこちらです

給料3ヶ月分のダイヤの真実

ダイヤのデザインは石だけでは決まらない

ダイヤモンドのためだけではない

同一ダイヤと言われているホープダイヤモンドとフレンチブルー

ダイヤモンドの価値基準を知っておこう

歴史から失われてしまったダイヤモンド

リーズナブルなダイヤモンド

ダイヤモンドのカラットと世界最大級のダイヤ

日本でのダイヤモンドの価値について

ダイヤモンドの相場は時代や国によってさまざま

どのように決まる?ダイヤモンドの価値

ダイヤモンドリングを購入する時に、ダイヤ自体のデザインは当然ですが、アームと呼ばれる輪っかでも、ずいぶんと印象が変わってくるものです。その種類はさまざまあり、最もベーシックなデザインはストレートのもので、重ねづけしやすいのが特徴です。緩やかなカーブを描いたS字、手の甲に向かってV字型になっているものや、2本のリングがクロスしているX字、太めで力強く男性がつけるのに向いているデザインなどがあります。他にもダイヤモンドの見栄えを変えるものといえば、ダイヤを支えておく爪です。たて爪と呼ばれる方法は、一粒のダイヤを留めているので、四方から光が入り、本来の美しさや輝きを出すことができ、覆輪留めは、爪ではなくダイヤモンドを抑え込むようにしていたり、メレ、パヴェ、フルエタニティ、ハーフ、4分の3といったようにデザインは多岐にわたります。指の長さや形、肌の色や質感などでも似合う指輪が違うため、実際にお店まで足を運び手に取って見てみることも大切です。

ダイヤのデザインは石だけでは決まらない